猫チャンネル猫チャンネル

慢性腎臓病説明動画(要指示医薬品)

慢性腎臓病は、腎臓のなかで血液をろ過し、尿をつくる部分(ネフロン)が徐々に壊れていく病気です。

正常なねこの腎臓では、1つ当たり約20万個のネフロンが働いています。ところが、一部のネフロンが壊れてしまうと、ほかのネフロンがその分も無理して働こうとします。残されたネフロンに負担がかかりすぎ、さらに壊れるネフロンが増えます。こうして慢性腎臓病では、腎臓の機能が低下していってしまいます。腎臓は血液の汚れをおしっこに出せなくなりますが、それでも汚れを出そうと無理をして、水のような色の薄いおしっこをたくさん出すようになります。
体のなかに汚れがたくさんたまって、ねこは弱ってしまいます。また、色の薄いおしっこをたくさん出すことで脱水状態になり、うんちは硬くなることが多くなります。貧血を起こしたり、骨がもろくなり骨折しやすくなることもあります。

関連する動画

ノミ・マダニ対策 冬編

フィラリア症予防 秋編

ノミ・マダニ対策 秋編

猫の健康生活プラン(秋)

猫の健康生活プラン
年齢ごとに最適なプランを!

猫の健康生活プラン
予防と管理

フィラリア症予防 春編

ノミ・マダニ対策 春編

フィラリア症予防 夏編

ノミ・マダニ対策 夏編

ノミ・マダニ対策 冬編

フィラリア症予防 秋編

ノミ・マダニ対策 秋編

猫の健康生活プラン(秋)

猫の健康生活プラン
年齢ごとに最適なプランを!

猫の健康生活プラン
予防と管理

フィラリア症予防 春編

ノミ・マダニ対策 春編

フィラリア症予防 夏編

ノミ・マダニ対策 夏編

  • ノミダニフィラリア.comノミダニフィラリア.com
  • ノミ・マダニ対策ノミ・マダニ対策
  • 猫だって、たくさんのお薬はもうイヤ!猫だって、たくさんのお薬はもうイヤ!
  • いつ、どこで、かかるか分からないのが感染症の怖さ。いつ、どこで、かかるか分からないのが感染症の怖さ。
  • いつ、どこで、かかるか分からないのが感染症の怖さ。いつ、どこで、かかるか分からないのが感染症の怖さ。

instagram

twitter